キャッシング 審査

キャッシングを利用するための流れ|審査で見られる大事な事

MENU

ドキドキ!キャッシングの審査結果待ち

「キャッシングの審査を通るには、何に気をつけたらいいのだろう?」
「申し込んだら審査で落ちてしまった…原因はなんだろう?」

 

…なんて、キャッシングの審査に関しては不安だけでなく疑問もたくさん。ひっそりと調べられるだけに、その不安も大きなものとなります。審査に落ちてしまってもその理由を教えてくれませんから、なにが原因で落ちたのかもわからずじまい…そんな状態で別のキャッシングに申し込もうとしても、「また断られるのでは…」なんて不安でいっぱいです。審査に通るにはどうしたらいいのだろうと、悶々と考えてしまいますね。

 

通常、キャッシングの審査では年齢や勤務形態、収入の3つのポイントからみていきます。申請してもらった情報と、信用情報機関から調べた情報などから、これらの項目を細かく分析し、「この人に貸しても大丈夫?」を判断するのです。その判断指針は、金融機関によっても若干の違いがありますが、基本的にはあまりからないもの。その基本を十分に理解し、それに反しないようにすると審査に通る確立もグンと上がるのではないでしょうか。


審査の流れ

キャッシングに申し込んで一番に気になるのが、審査に通るかどうかです。インターネットでもいろいろと調べてみたいところですが、申込者の状態によっては条件…つまりは属性が異なるものなので、必ずしも情報サイトに書かれている通りに当てはまるかどうかはわかりません。職業はもちろん、年収や他社からの借入額などもバラバラです。審査についても、皆同じような評価を下される…というわけではないのです。個々によって状況が異なるのですから、審査結果も出るまでははっきりとわからないものとなります。

 

そんなキャッシングの申し込みは、インターネットや電話、店舗窓口、自動契約機、郵送とさまざま。なかでも特に多いのがインターネットと電話です。次いで、自動契約機…といったところでしょうか。インターネットと電話だと、自宅で誰かに見られる心配もなく申し込みをすることができるので、それがために人気となっているようです。やはり、どんな理由であろうとも、お金を借りる姿を見られたくないですからね。

 

申し込みをすると、提出したデータと信用情報機関に保管されている過去のデータから審査がおこなわれます。まず、申込者が申告した職業や収入などの項目をそれぞれスコアリングします。このスコアリングとは、申込者が申請した情報を元に、コンピューターがいくらまでなら融資可能かどうかを計算すること。これを元に、融資額が決められていきます。

 

次に信用情報機関から得たデータを照会し、勤務先に在籍確認、もしくは申込者が申告した連絡先に確認の電話をいれます。本人確認ができる書類を確認し、最終的に融資を判断できる担当者が審査の結果を決めるものとなります。


審査を通るボーダーライン

キャッシングの審査においては、最低限でもこれはクリアーしていなくてはならない…といったボーダーラインは何になるのでしょうか?それは、年齢制限と収入においてあります。キャッシングの審査に通るには、安定した収入がないとダメなのです。そもそもお金を借りて、それを返済しなければいけないのですから、当然といえば当然の事ですね。

 

この収入というには、正社員でなければいけない…といったことはありません。パートやアルバイト、派遣、そして自営業でもOK。ですから、収入の面では真っ先に心配しそうな主婦や学生さんも、パートやアルバイトなどで収入を得ていれば問題ありません。ただし、その収入によって借りられる金額も決まってきますが…。

 

そして年齢は、働けるかどうか…です。アルバイトもできないような若い年齢で申し込まれても困りますし、かといって仕事ができないような高齢者では困ります。年齢は働けるかどうかを見極めるためのものであると認識されているぐらいです。


コンピューターによるスコアリング」

キャッシングの審査では、人による審査だけでなく、コンピューターによる自動審査もおこなわれています。スコアリングと呼ばれるそれは、申込者の情報を元にしておこなわれます。

 

スコアリングではどのように審査されているのかというと、職業や収入、住居形態など…申込者から申請された情報を項目別に点数化し、その点数の合計点から融資できる金額をはじきだします。当然のことながら、高得点になればなるほど融資できる金額も大きくなっていきます。

 

収入が安定しているとスコアリングでも良い評価を得られるのでは…といったイメージがありますが、スコアリングはそんな単純なものではありません。収入がどんなに安定していても、それが回収できるような金額でなければ意味がありませんから、コンピューターとしてはいかに回収できるかどうか…つまりは回収リスクを分析するのです。もっとわかりやすく言えば、「貸したお金を回収できなくなる確率」です。

 

コンピューターには、過去の事例がたくさん蓄積されています。こんな人は回収できなかった、こういう人は無事に回収できた…といった感じに、過去の事例からの分析もされています。そうした事例を元に申込者の回収リスクを分析し、融資可能額を提示するのです。

 

キャッシング 池袋


更新履歴